カテゴリー
お知らせ 岡山鳥取地区 広島教区内のよびかけ、とりくみ 講演会

2/5ウクライナ戦争報告会

【ZOOM企画・要申込】岡山教会 平和共生委員会主催
2023年2月5日(日)14:00~15:30

岡山教会平和共生委員会では、ポーランド・クラクフから、この度のウクライナ戦争の避難民に対し、ボランティアをされてい現地日本語学校の兵頭さんの現地報告会を企画されました。
 ポーランド政府も支援打ち切りのカウントダウンを始めつつある中で、避難民の受け入れをされている今の現状をお聞きしましょう。現地の人たちは『忘れ去られる』ことが、一番不安なようです。
 まずは現地の声に耳をかたむけましょう。

聖ヨハネ・パウロ二世の生誕地ポーランド・クラクフ~岡山~ HIROSHIMA世界平和記念聖堂をつないで平和の祈りをともに捧げます。

カテゴリー
お知らせ 広島教区内のよびかけ、とりくみ 正義と平和協議会 講演会

社会司牧通信 1月

ダウンロードしてお読みください。

【もくじ】
①シノドス関連    
「大陸ステージのための作業文書についてのレポート」
を読んでみる。  

②2月平和の使徒強化月間:講演会情報
1)建国記念を問う集会
2)1981年2月25日 当時の教皇ヨハネ・パウロ2世はヒロシマの地から平和アピールを全世界に向けて発信されました。
それを記念して3地区で行われる平和関連の行事のチラシをまとめました。
ZOOM参加できる行事もあります。

③チャレンジコラム『考えようLSGs』-エコロジー教育
援助修道会 Sr.橋本晶子

★社会司牧担当より

社会司牧に関する情報は、地区を超えて情報を共有したいと思いますので、社会司牧通信に載せてもらいたい情報がありましたら、下記までメールください。
引き続きボランティア団体の登録も受け付けております。

社会司牧担当メール info@social-desk.ne

カテゴリー
お知らせ 広島教区内のよびかけ、とりくみ 正義と平和協議会 講演会

2023平和の使徒 強化月間

カテゴリー
広島教区内のよびかけ、とりくみ

社会司牧通信12月号

主のご降誕おめでとうございます。

社会司牧担当からのお知らせです。
ファイルをダウンロードしてからご覧ください。

【もくじ】
①日本カトリック司教団からの呼びかけ
在留特別許可歎願キャンペーン(電子署名)

②「核なき世界基金」創設2周年行事

③ボランティア団体の紹介
・サビエルキッズルーム こどものための日本語教室
   山口教会
④広島地区平和推進チーム講演会のご案内
2023/1/29 
「わたしはキリストに出会ったチョソンサラムです」

⑤チャレンジコラム vol.5
『考えようLSGs』-持続可能なライフスタイルの採用
援助修道会 橋本晶子

★社会司牧担当より

社会司牧に関する情報は、地区を超えて情報を共有したいと思いますので、社会司牧通信に載せてもらいたい情報がありましたら、下記までメールください。
引き続きボランティア団体の登録も受け付けております。

社会司牧担当メール info@social-desk.ne

カテゴリー
お知らせ 広島教区内のよびかけ、とりくみ 教会外 講演会

「核なき世界基金」創設2周年行事

録画配信中★
 https://youtu.be/luIR81mECM4

カテゴリー
広島教区内のよびかけ、とりくみ 正義と平和協議会 署名

社会司牧通信 11月号

社会司牧担当からのお知らせです。
ファイルをダウンロードしてご覧ください。

【もくじ】

①カトリック正義と平和協議会 
11/28 改憲対策部会主催座談会 宗教と平和 要申込

②在留地区別許可歎願キャンペーン (インターネット署名)
日本カトリック司教団

③映画会のご案内
12/4(日) 下関 細江教会
ドキュメンタリー映画『牛久』&トーク(トーマス・アッシュ監督)

⇒11/30 お知らせ                         トーマス・アッシュ監督のトークは中止になりました。
代わって、中井淳神父様(イエズス会)による大村入国管理センターの訪問の分かち合いになりました。

2023/1/28(土)広島市県立美術館講堂
ドキュメンタリー映画『わたしはチョソンサラムです』&トークイベント(出演者:李哲さん)

④「外国人住民基本法」と「人種差別撤廃基本法」の制定を求める国会請願書 (記入式)
外国人住民との共生を実現する広島キリスト者連絡協議会

⑤チャレンジコラム vol.4
『考えようLSDs』-貧しい人の叫びへの応答
       援助修道会 橋本晶子

カテゴリー
J-CaRM お知らせ 広島教区内のよびかけ、とりくみ 講演会 難民移住移動者委員会

社会司牧通信10月号

社会司牧担当からのお知らせです。
ファイルをダウンロードしてご覧ください。

【もくじ】
①日本カトリック難民移住移動者委員会 
「入管法は今が岐路 排除をやめて共生へ」

②(再掲)2022平和行事 講演会
『難民の友に。難民とともに。』
アルペなんみんセンター地域連携コーディネーター・JLMM事務局長
      漆原比呂志さん

③在留地区別許可歎願キャンペーン
日本カトリック司教団

④カリタスジャパン
TOGETHER WE キャンペーン

⑤『シスターと神父と爆弾』映画会開催しませんか!

⑥チャレンジコラム vol.3
『考えようLSDs』-貧しい人の叫びへの応答
       援助修道会 橋本晶子
 


カテゴリー
お知らせ 広島教区内のよびかけ、とりくみ 講演会

『シスターと神父と爆弾』上映会


日 時:2022 年 10 月 16 日(日)11:00~14:00
場 所:世界平和記念聖堂(広島市中区幟町 4-42)
11:00~11:14 白浜 満 司教様 S.リーパーさんご挨拶
11:14~13:00 映画上映
《休憩・移動》
13:20~14:00 多目的ホール
スティーブン・リーパー氏(日本語字幕監修)
ZOOM 交流会(アメリカ・アトランタより参加)
参加費:無 料 * 会場で日本語字幕支援へのカンパを募ります

当日スティーブン・リーパーさんの著書を販売します。       『核兵器廃絶への道-精神論からの視点』           2021・シフトプロジェクト

●小教区での上映会希望の方は、社会司牧担当までご相談ください。

カテゴリー
お知らせ エキュメニカル 広島教区内のよびかけ、とりくみ 正義と平和協議会 署名

社会司牧通信 号外

★日本カトリック正義と平和協議会 

声明文「わたしたちは安倍元首相の「国葬」に反対します」を発表しました | 日本カトリック正義と平和協議会 (jccjp.org)

●平和をつくり出す宗教者ネット  

(署名の期限は2022年9月27日午前0時まで)

『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める』諸宗教共同声明へ賛同

諸宗教者共同声明・安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める―国民に弔意を強制してはならないー・宗教者九条の和 (shukyosha9jonowa.org)

①ネット署名

 令和4年8月18日に発表した『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める』諸宗教者共同声明への賛同してくださる方を広く求めています。  

諸宗教者共同声明「安倍元首相の『国葬』閣議決定撤回を求める」賛同者登録シート (google.com)

②手書き署名 (下記へFAX・郵送)

Microsoft Word – 22.8.18声明(賛同のお願い).docx (shukyosha9jonowa.org

直接下記へ送付してください。

送付先⇒平和をつくり出す宗教者ネット
東京都渋谷区神泉町8?7日本山妙法寺内
TEL 090-6711-5573(江上) FAX 03-3461-9367
Email:nqh10948@nifty.com

カテゴリー
お知らせ 広島教区内のよびかけ、とりくみ

核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名用紙

今年度の教区目標『社会へのチャレンジ(平和)』活動の一環として、夏の平和行事までの間、署名活動を提案します。

●問い合わせ先 平和の使徒推進本部 社会司牧担当●

info@social-desk.net   FAX 082-221-6019

「核なき世界基金」を支援する会が取りまとめ団体となりますので、代表の白浜司教様にメッセージを頂きました。

「核なき世界基金」を支援する会(広島本部)

【「核なき世界基金」を支援する会(広島本部)白浜満司教様メッセージ】

2021年1月22日に国際条約として発効した「核兵器禁止条約」の第1回目の締約国会議が、2022年6月21日~23日にオーストリアのウィーンで開催される予定です。唯一の被爆国である日本は、まだこの条約に署名・批准していない状況です。日本政府は、核保有国と非保有国との橋渡しをするため、「核拡散防止条約(NPT)」での対話・協議を重視する立場を維持し、今年8月に行われる同条約の再検討会議に、日本の総理大臣としてはじめて岸田首相も参加する調整がなされています。「核なき世界」を目指して、橋渡しの役割を強めていくために、日本政府に「核兵器禁止条約」への加入を訴えて行きたいと思います。

署名活動への皆さんのご理解とご協力を、どうかよろしくお願い致します。

なお、この署名は2回目と案内しておりますが、平和の使徒推進本部 社会司牧担当からの発信は初めてになります。 1回目の署名は「核なき世界基金」を支援する会より発信されたものでした。

ここにお詫びして訂正させていただきます。