カテゴリー
J-CaRM お知らせ 正義と平和協議会

イエズス会社会司牧センター 連続セミナーのお知らせ

2021年度の連続セミナー(全12回)は、教皇フランシスコの新回勅『Fratelli Tutti』(フラテッリ・トゥッティ)を学びます。通年、オンライン(Zoom)での開催になります。詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー
お知らせ

「教皇フランシスコ訪日公式記録集」発行

「教皇フランシスコ訪日公式記録集」が、6月5日にカトリック中央協議会出版局から発行されます。現在予約を受け付けています。詳しい情報が特設サイトに掲載されています。ご覧ください。

特設サイトはこちらです。

カテゴリー
J-CaRM お知らせ 子どもと女性の権利擁護のためのデスク 正義と平和協議会

社会司牧担当よりお知らせ 5月

平和の使徒推進本部社会司牧担当からのお知らせです。
下記よりダウンロードしてご覧ください。

カテゴリー
J-CaRM お知らせ

【4/25ユース向けオンラインセミナー】難民移民支援の現場から~”誰一人取り残さない社会”に日本はなっているのか~

J-CaRM主催のセミナーが4月25日にオンラインで行われます。

【以下案内より抜粋】

2019年11月25日、訪日中のローマ教皇が、東京カテドラル聖マリア大聖堂にて行われた「青年との集い」において、日本にいる難民を含む青年の方々に対して講話を提供し、「友情を広げ、日本へ逃れてきた人たちをより受入れることをお願いしたい」として、日本での難民受け入れを訴えました。

あれから約1年半、日本の状況はどのように変化したでしょうか。
2021年2月19日、入管法改定案が閣議決定され、4月中には国会での審議が始まるとされています。今一度、ローマ教皇のメッセージを振りかえり、これからの日本のありようを一緒に考えてみませんか。

詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー
J-CaRM お知らせ カリタス広島 子どもと女性の権利擁護のためのデスク 正義と平和協議会

社会司牧デスクより 4月

社会司牧デスクからのお知らせ4月号が発行されました。下記ダウンロードしてお読みください。

カテゴリー
お知らせ 正義と平和協議会

2021正義と平和協議会全国会議オンライン基調講演 「コロナの時代と教会-正義と平和協議会50年」の映像記録

3月19日に行われました、正義と平和協議会全国会議の基調講演映像がアップされました。コロナ時代の教会のあり方について考える示唆的な内容となっております。こちらよりご覧ください。

カテゴリー
お知らせ 正義と平和協議会

檻の中のライオン~今一番わかりやすい!憲法のお話

広島地区平和推進チームとカトリック正義と平和広島協議会の共催で、楾大樹(はんどう たいき)弁護士の講演会を行います。  公民の教科書で紹介されている「檻の中のライオン」の著者でもある楾さんが、憲法と私たちの生活のつながりについてわかりやすい話をしてくださいます。

詳細はチラシをご覧ください。

カテゴリー
J-CaRM お知らせ

入管法を改悪しないでください

日本カトリック難民移住移動者委員会からの署名協力依頼です。

2021年2月19日、出入国管理及び難民認定法の改定案(以下「政府案」)が閣議決定されました。今回の改定の目的は在留資格のない外国人の収容と送還の問題を解決のためとされていますが、問題の解決に至らないばかりか、改悪でしかありません。
政府案に強い懸念を表明し、見直しを求めます。

詳細はこちらをごらんください。各国語版もあります。

カテゴリー
お知らせ 災害サポートセンター

わたしたちの10年・そしてこれから


 仙台教区サポートセンターでは、3月20日(土・春分の日)にオンラインイベント「東日本大震災・福島第一原発事故から10年 わたしたちの10年・そしてこれから」を企画されました。
 この10年、各地でどのような歩みがあり、私たち一人一人にとってこの10年はどんな時間であったのか、この先の未来に向けてどう進んでいくのか。4人の方々のお話と、シスター方の歌声に耳を傾けながら、オンラインではありますが、共に考え、深めていく時間にしていきたいということです。

Facebookライブで参加することができます。詳細はチラシをごらんください。

カテゴリー
お知らせ 子どもと女性の権利擁護のためのデスク 広島教区内のよびかけ、とりくみ 正義と平和協議会

社会司牧デスクより 2月号

社会司牧デスクからのお知らせ、2月号が発行されました。下記よりご覧ください。

なお、お知らせ内の「わが命つきるともー神父たちのヒロシマと復活への道ー」については、こちらに詳細がございます。上映作品も見ることができます。

正義と平和協議会全国会議 基調講演については下記をご覧ください。